今月の入選作品

  1. トップページ
  2. 今月の入選作品
  3. 入選作品バックナンバー(2018年06月)
今月のベストシーニックフォト
yoshinoさんマイページを開く

時期も時間帯もちょうど良いタイミングでの撮影です。水田に映り込んだ青空と木々の新緑、そして植えられたばかりの苗が爽やかな初夏を描き出しています。
太陽の入れ方も程よく、水面の輝きが引き立っています。水面に映った様々な光の面白さもこの作品の素晴らしいところですね。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「夏のはじまり」

今月のアドバイザー注目作品
佐々木功さんマイページを開く
淡い色の桜の花が、優しさで迎えてくれました。

前景の入れ方が上手ですね。
主役の花より背景が明るいので、通常は花が露出アンダーになるか、背景が明るすぎになる状態です。
ストロボを使うことで主役も背景も適正露出になりました。湖面の映り込みも幻想的で構図のバランスも良く、和を感じさせる一枚です。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「薄化粧」

今月のアドバイザー注目作品
yoshinoさんマイページを開く

難しい逆光での撮影ですが、適切な露出で暗い部分もつぶれることなく、土の質感が描写されています。
道路を生かし、奥行きの広さを表現するのにはレンズの画角の限界でしょうか、構図がやや中途半端な感じになっている感じもします。
この場合はカメラをもう少し右に振ると良かったでしょう。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「みちのり」

今月のアドバイザー注目作品
伊藤 健一郎さんマイページを開く
貝殻が補充されて白さが増していました

人物の配置が良いため、視線が白い道に沿って手前から奥へと気持ち良く動き、遠近感がしっかり表現されています。
左右下のコーナーから道が始まるようになど、細かいところまで構図に神経を使っていますね。
超広角レンズは高さも含めカメラ位置が重要ですが、良いポジションで撮影されたと思います。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「ホタテの白い道」

今月のアドバイザー注目作品
marikoさんマイページを開く
日常の風景が、ちょっとしたことや、偶然のできごとで、特別な風景に変わります。
そんな自然の機微に触れることができた時は、とても幸せを感じます。

夏らしい雲と木々を画面中央に配した大胆な構図と、効果的な周辺減光で、視線が中央へと導かれます。
この視線の流れによって空と大地の広さが感じられます。
作者には珍しく、コントラストを強調した仕上がりですが、夏を感じるこの写真には合っていますね。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「~ 特別な日常 ~」

ワンポイントアドバイス「中山浩樹さん」

撮影するだけではなく、撮影後に写真を選ぶ作業も重要です。写真を選ぶ力がないと、撮影時にどう撮って良いのかわからなくなってしまいます。

撮影するときに、写真に対して自分なりの「テーマ」を持っていると、写真をセレクトするときにもそれが基準になってきます。写真を見る人にテーマが伝わるかどうか、しっかり考えて撮り、選ぶ、その繰り返しが上達につながるでしょう。

見たままのモノよりも、感じるコトをテーマにした方が写真はより深いものになります。

夏の北海道の自然を被写体に、どのようなテーマを設定するか考えてみてください。




今月の入選作品に戻る