今月の入選作品

  1. トップページ
  2. 今月の入選作品
今月のベストシーニックフォト
marikoさんマイページを開く
秋の青い池です。
秋の澄んだ空気と水面と木々が、とても美しかったです。

今や青い池は世界中から観光客が押し寄せる、美瑛のベストスポットとなっています。
青い池の作品は今までに数多く拝見していますが、撮る位置が限られているためか皆同じようなカットが多く出てきます。
しかし、この作品は全く違うイメージで撮られているのがとても新鮮です。自分の感性を信じて、自分なりの目で作品づくりをすることは非常に大事な事だと思います。
フォトアドバイザー 菊地晴夫さん


「~ ミナモの森 ~」

今月のアドバイザー注目作品
佐々木功さんマイページを開く
湖畔は紅葉に彩られ、秋の日差しを一杯に受けて輝いていました。

洞爺湖畔での撮影のようですが、実に美しい作品です。
紅葉した楓の枝と、湖畔の波打ち際とのバランスも良いですね。
太陽を写し込んだことにより、よりダイナミックになり、秋の小春日和の様子を上手く捉えています。
露出も的確で、申し分のない作品に仕上げていると思います。
フォトアドバイザー 菊地晴夫さん


「輝く秋」

今月のアドバイザー注目作品
yoshinoさんマイページを開く

かなりスケールの大きな作品です。
湖面には霧が立ちこめ、良く見ると手前の草原には霜のようなものが白く映り込んでいます。
かなり冷え込んだのでしょう。遠くの山並みには日が射し始め、美しい紅葉した林が見えています。
湖面にうっすらと紅葉の色が映り込んでいるのもとても綺麗です。
フォトアドバイザー 菊地晴夫さん


「霧中に色づく」

今月のアドバイザー注目作品
追楽さんマイページを開く
美瑛の五稜の高台からの風景です。日も傾きかけて丘にはカラマツの影が長くなってくる頃、ここからの眺めはずぅ~っと見ていたくなる美しさでした。

この日は私もはっきりと覚えていますが、十勝岳連峰がくっきりと見える絶好の撮影日和でした。
五稜の高台からの撮影とみられますが、美瑛らしいスケールの大きな美しい作品です。
黄葉したカラ松に西日が差し込んでいて、美しさが増大しています。
手前の秋小麦に影が付いているのも、画面を引き締めていて良いと思います。
フォトアドバイザー 菊地晴夫さん


「秋色風景」

今月のアドバイザー注目作品
TKHOMEさんマイページを開く
定番の風景ですが、まだおひるすぎなのに木々の影が道に大きく伸びていました。からまつの色づきも丁度良く、晩秋を感じさせる静かな感覚が心地良かったです。

カラ松林の林道を縦位置に捉えています。
この場所は残り少ない砂利道ですが、アスファルトと違って風情が出ますね。
画面手前に強い木立の影を入れていますが、バランスを上手く取って配置していると思います。
カラ松の黄葉の彩度を、もう少し上げたらもっと綺麗に仕上がると思います。
フォトアドバイザー 菊地晴夫さん


「晩秋の静けさ」

ワンポイントアドバイス「菊地晴夫さん」

今回は皆スケールの大きな作品をエントリーされていて、とても楽しく審査させていただきました。どの作品もとても素晴らしく、またレベルの高さが拮抗しているので、最後まで迷いながらの審査となりました。

ただし、何処かで見たことがあるようなカットが多かったところが、最終的に今回の審査結果に繋がったと思います。

撮影する時には、まず一枚はごく一般的に撮ったとしても、次の一枚からは人と違った目で眺めて見ることが必要です。そうすれば、同じ風景でも独自の作品がきっと生まれてくると思います。