今月の入選作品

  1. トップページ
  2. 今月の入選作品
今月のベストシーニックフォト
yoshinoさんマイページを開く

作者の観察眼の鋭さが生かされた作品で、吹雪の後の木々の様子を繊細に表現しています。木肌についた雪や積もった雪の質感と、背景の立ち枯れた草の様子が分かる範囲での露出補正、そして画面の構成など作者の力量が発揮されたものに仕上がっています。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「冬木立の夕」

今月のアドバイザー注目作品
佐々木功さんマイページを開く
水路のハンドルから眺めた田園風景です。

漠然と撮ってしまいがちな雪原ですが、しっかりと主役を明確にし、広さを感じさせる構図にしています。また、弱いながらも逆光を生かしているので、やわらかな雪の質感がとてもよく描写されています。絞り込んで撮影したのもよかったでしょう。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「遠くへ」

今月のアドバイザー注目作品
佐々木功さんマイページを開く
降雪後に林を歩くと、松の枝から突然落雪とともに雪煙が舞い上がりました。

まるで目の前で起きているかのように、雪が落ちる音や雪煙を肌で感じる作品です。露出バランスが難しい状況ですが、右手前から左奥の木立に視線が流れるような構図と明るさの設定で、森の奥行きを十分に感じさせるものになっています。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「雪林」

今月のアドバイザー注目作品
コッペポンさんマイページを開く
初雪が降りました。麦畑の畝にうっすらと積もり、まるで海の波のようにうねってました。

畑の面白い部分を望遠レンズでうまく切り取っています。ホワイトバランスを低めに設定したのも寒さを表現するのに向いていますね。画面中央から奥のあたりにピントを合わせていますが、できれば手前の方にピント位置を持ってきてさらに絞り込んだ方が視線の流れがスムーズになります。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「wave」

今月のアドバイザー注目作品
marikoさんマイページを開く
この秋から冬にかけて、美瑛近辺では、ナナカマドの赤い実が、見られませんでした。少し残念な思いでしたが、昨冬のナナカマドの写真を見ながら、新年を迎えました。

左右対称にそして画面いっぱいに切り取った構図からは静寂を感じさせます。そして白く飛ばした背景と鮮やかな赤色は、冬の始まりを描写しています。作者らしい落ち着いた雰囲気の作品に仕上げました。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「~ 本年も よろしくお願いします ~」

ワンポイントアドバイス「中山浩樹さん」

さりげない光景をしっかり写真として捉えた作品が目立ちました。
とても良いことだと思います。

有名な撮影地や被写体をうまく撮ることも大事ですが、日常で風景をどう見ているかということは、写真をやっている上でとても重要なことです。

被写体を見る力と、表現する力、冬の被写体を前に両方を養ってほしいと思います。