今月の入選作品

  1. トップページ
  2. 今月の入選作品
今月のベストシーニックフォト
so-macさんマイページを開く

so-macさんはこのような動物の写真をかなり撮られているようで、さすがに上手いですね。
雪が降っていて、北国で生きる動物の厳しさのようなものが良く表現されています。
申し分のない作品に仕上げていると思います。
フォトアドバイザー 菊地晴夫さん


「耐寒」

今月のアドバイザー注目作品
永幡 裕生さんマイページを開く
渓谷に氷の塊を見に行きましたが、今年はあまり大きくなかったです。

冬の渓谷はよく狙う被写体でもありますが、とても綺麗に仕上がっていると思います。
凍り付いた氷柱部分も輝いて、まるで宝石のようでもあります。
水の流れに対するシャッタースピードも的確で、水自体が邪魔になっていません。
構図も良く安定していて、安心して鑑賞できる作品に仕上げています。
フォトアドバイザー 菊地晴夫さん


「凍てつく流れ」

今月のアドバイザー注目作品
佐々木功さんマイページを開く
静かな森の中の神社も、この日だけは沢山の灯篭に囲まれ、賑やかでした。

北海道の冬はあちらこちらでイベントが行われますが、定山渓神社のお祭りのようですね。
神社というと厳かな祭りを連想しますが、アイスキャンドルでやや賑やかに飾り付けています。それと相まって参拝客が二人だけというのが、いかにも山奥の神社といった感じが伝わってきます。
構図もまとまっていますし、暖かさもあって良いと思います。
フォトアドバイザー 菊地晴夫さん


「雪灯路」

今月のアドバイザー注目作品
yoshinoさんマイページを開く

きりっと冷えた朝で、身が引き締まる感じがしてきます。
うっすらと冬霧が垂れ込めていて、空気が冷え込んでいるのが一層わかります。
家屋と雲の位置、また雪原のバランスも良く考えて構図を決めています。
北海道の厳冬期らしい作品に仕上げていると思います。
フォトアドバイザー 菊地晴夫さん


「冬晴れの朝」

今月のアドバイザー注目作品
marikoさんマイページを開く
夕暮れの林に、ぽっぽっと雪の精が舞い降りてくる姿に、とてもココロが響きました。
雪の降り方は、いつも同じということはないのことが、撮っているとよくわかります。

marikoさんらしい、やや抽象的なイメージの作品です。
横なぐりの雪をストロボで撮し止めていますが、やや流していることで雪の動きが表現されていると思います。
全体的に青みがかった色調で、厳しい冬を捉えている作品なのですが、なぜかぬくもりも感じてきます。
そこがmarikoさんの狙いなのでしょうか。
フォトアドバイザー 菊地晴夫さん


「~ フユイロの絵本 ~」

ワンポイントアドバイス「菊地晴夫さん」

今年の冬は例年と何か違った感じがしますが、皆さん熱心に撮れているのがわかります。

今月のベストや入選作品も、動物あり冬のお祭りあり、また冬景色ありとバラエティに富んでいました。
ただし、投稿作品にはややインパクトに欠けた作品もちらほら見受けられました。ちょっと撮り疲れでしょうか?

長い冬ももう後半戦です。
もう一度、北海道の冬の作品づくりに挑戦してみて下さい。
期待しておりますよ。