今月の入選作品

  1. トップページ
  2. 今月の入選作品
今月のベストシーニックフォト
so-macさんマイページを開く

青空と輝く太陽を背景にした大胆な構図からは、夏の強い日差しとヒマワリが持つ力強く明るいイメージが十分に伝わってきます。撮影手法や構図が決まりきってきたように感じるヒマワリですが、まだまだ色々な表現ができるものですね。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「真夏の日射し」

今月のアドバイザー注目作品
佐々木功さんマイページを開く
1本のヨツバシオガマが、遠くを見下ろすように立っていました。

主役の花だけではなく、手前の前ボケと背景の山並みが良いですね。カメラの高さが適切で、光の状態をうまく見極め、輝くような花の作品となりました。山の清々しい空気を感じます。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「峠に佇む」

今月のアドバイザー注目作品
永幡 裕生さんマイページを開く
阿寒川の上流、苔生す岩と清流の流れが気持ちいいです。

主役を中心に置いた安定した構図とスローシャッターでの表現が、水の流れと苔を生き生きとさせています。オーソドックスな手法ですが、しっかりと撮られた良い作品です。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「晩夏の流れ」

今月のアドバイザー注目作品
marikoさんマイページを開く
さりげなくアキイロの葉っぱがヒラリ
北海道の夏の短さを感じました。

とても印象的な配色の作品ですね。さりげない風景の中で見つけた季節感が表現されています。主役を真ん中に置くのは一般的に良くないとされていますが、この作品の場合は例外でしょう。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「~ 秋のハジメ ~」

今月のアドバイザー注目作品
伊藤 健一郎さんマイページを開く
突然のにわか雨のあと大きな虹が海にかかりました

脇役の白い船を必要以上に大きく写さなかったため、海にかかった虹がしっかりと主役になっています。とてもシンプルな構図ですが、この光景を見つけた時の作者の気持ちが、見る側にも伝わってきます。
フォトアドバイザー 中山浩樹さん


「虹とフェリー」

ワンポイントアドバイス「中山浩樹さん」

季節の変わり目の風景を捉えた作品が目立ちました。季節だけではなく時間や天候の変わり目も撮影チャンスが多くなります。これからの季節は天候が変わりやすく、曇りから晴れ、雨上がりでの撮影機会も増えるでしょう。また、秋分の日も過ぎて日の出、日没などの時間もより身近になってきています。このようなチャンスを冷静に見極めて、一枚一枚たいせつに、何を伝えたいのかを明確にしてシャッターを切るようにしたいものです。